占い

恋の行末を見る

相思相愛の相手を見つける占いとは

カップル

占いの歴史は古くからあったとされている中で、相性占いという占いの種類についてはどの時代から盛んに行われ始めたのかは定かでは有りません。西洋占星術の中では自分の星座の反対側に来る星座や、隣り合う星座から読み取りますのでそれを相性占いとして行っているのであれば、古代から行われていたということになります。 また、ジプシーから広まり中世ヨーロッパからタロットカードによる占いも現代まで定着しています。町から町へ流れて生活しているジプシーに困りごとや配偶者の浮気などを占ってもらっていたことがあります。そのあたりから恋愛についての占いが流行って行くこととなったのでしょう。古い時代には当人同士ではなく親同士が選んだ結婚相手との相性をも占っていたようです。

様々な形の恋愛の在り方に対応する相性占い

気になる相手との恋愛の進行度や行方を相性占いで占う時、はらはらしながら結果を見たり聞いたりすることでしょう。恋愛について占い師に相談に行くのは、女性の割合が多く占めています。日本では近年まで、恋愛というと異性間に対してと思われる節が定着してきました。相性占いで恋愛運を鑑定して欲しい男性が相談に言った場合に、恋愛対象は必ずしも異性と限らないこともあるわけです。それは、女性の場合でも同様です。生年月日による相性占いであれば、同性同士でも占いが成り立ちます。今後は、異性間でも難しい場合が伴う恋愛運についての鑑定を同性同士の行く末についても的確に役に立つアドバイスを行っていくことが占い師に課せられる課題と成り得る可能性があります。よって、性別を越えた恋愛の形に対応した相性占いというサービスも今後益々増えて行くことが予測されます。